日常

材料費は500円「石膏アロマストーン」を作ってみたよ

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

アロマストーン、流行っていますよね。

おそらく無印良品のアロマストーンがバズってから需要が増えたように感じるのですが、じつはアロマストーン、500円ほどで手作りすることもできるんですよ。

この間も暇だったので試しに作ってみたら、これがとても楽しかったので今回記事にしてみました。

今回はボンボンアロマストーンに挑戦です!

石膏アロマストーンの材料

アロマストーンの材料は、キャンドルより単純!

石膏パウダーとモールド、あとは混ぜるためのカップやスプーンがあれば簡単に作ることができますよ。

  • 石膏パウダー
  • モールド(型)
  • プラスチックカップ(または紙コップ)
  • 使い捨てスプーン(または割り箸)
  • はかり
  • マスク

モールドはお好きな形のものを!サシェタイプでも良いですし、レジン用のシリコンモールドでもなんでも良いです。

また、石膏パウダーは生活の木のアロマストーン用を使用しましたが、100均でも販売(キャンドゥに多い印象)しているのでお近くに生活の木がない方はぜひ100均も覗いてみてくださいね。

わたしはここで買いました

 

石膏アロマストーンの作り方

石膏アロマストーンの作り方はとっても簡単!

石膏パウダーと水をよく練り、モールドに入れて乾燥させるだけです。

乾燥を含め1〜2時間ほどで作れるので、何もやることがないけど何かしたい!というときに作ってみてくださいね。

石膏パウダーは吸い込むと人体に影響を与える可能性があるため、必ずマスクをつけましょう。

また、皮膚が敏感な方やアレルギー体質の方は、炎症を起こすこともあるので、手袋の着用をおすすめします。

①石膏パウダーと水を量り入れる

まず、石膏をプラスチックカップに計り入れます。

石膏55g:水20gが目安です!

次に水を加えていきます。

水は少量なので少しずつ慎重に加えていきましょう。

今回は1gオーバーしてしまったのですが、まぁこのくらいは大丈夫でしょう。

②石膏と水を馴染ませる

次に、石膏パウダーと水をスプーンでダマを潰すようによく馴染ませていきます。

③3分間混ぜる。手首が疲れるけどここが頑張りどき!

石膏パウダーと水が馴染んできたら、3分間よーくかき混ぜます。

手首が疲れてきますが、めげずに混ぜましょう!ここが頑張りどきです。

かき混ぜて1分半ほど経つと、ねるねるねるねのようにもったりとしてきます。まだ気泡が所々に見えますね。

3分間混ぜると、かなりとろとろなクリーム状になります。

気泡もほとんどなくなるのが目安です。

④モールドに流し入れる

モールドに石膏を流し入れます。

とろとろとはいえ、ややもったりとしているので、スプーンを使ってゆっくり流し入れるのがおすすめです。

全て流し入れたら、持ち上げて軽くテーブルに叩きつけるようにして気泡を抜いていきます。

⑤涼しく風通しのよい場所で乾燥させる

気泡を潰したら、涼しくて風通しのよい場所に置いて乾燥させます。

固まるまでは大体1〜2時間見ればOKです。

⑥モールドから外して完成!

固まったらモールドからそっと外していきます。

完成です!

普段キャンドルに使用しているモールドで作ったので、キャンドルの残りカスがまだ残っていたのか、ややデコボコした見た目にはなってしまったのですが、それはそれで良い味になりそうです。

買うのも良いけど、お家時間を活かして手作りするのもおすすめ!

アロマストーンというと、どうしても無印や市販のものを想像しがちですが、こんな感じで簡単に手作りすることもできます。

あまり材料費もかからず、簡単かつ、好きな形で作れるので、子どもと一緒に作ってみるのもおすすめ。

お家時間の新しい楽しみ方としても、アロマストーン作りを取り入れてみてはいかがでしょうか?